手塩にかけた娘あらすじ5話身体を重ねるたび女の悦び

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』のあらすじをいっぱい話しちゃいます
あらすじが、ネタバレになったらごめんなさい!

tesionikaketamusume

あらすじを読む前に、『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の無料試し読みを、まずは楽しんでください

第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』では、中村陽葵(ひなた)ちゃんがセックスの快感を知ってしまいます。

手塩にかけた娘が俺の子じゃない5話あらすじ

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』のあらすじを物語仕立てで書いちゃいました

tesionikaketamusume

5話身体を重ねるたび娘は女の悦びあらすじその1

第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』のあらすじを紹介します。
第4話では、中村陽葵ちゃんは、ずっとお父さんと一緒に暮らしていたいから、お父さんの気持ちいいことを、一生懸命していました。
とっても健気で、チャーミングな女子校生ですね。
そして、いよいよ第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』では、中村陽葵ちゃんとお父さんは、もう一歩踏み込んだ関係になってしまいます。

最初のシーンは、全裸の中村陽葵ちゃんが、ベッドの上で四つん這いになっているところから始まります。
後ろには、全裸のお父さんがいます。
そうなんです。
もうお分かりだと思いますが、中村陽葵ちゃんは、お父さんに入れて欲しいとお願いしているのです。

以前お父さんに、犯されてしまった中村陽葵ちゃんですが、その時の感情のままお父さんと暮らすのはイヤなのです。
そんなわだかまりを捨てるためにも、中村陽葵ちゃんは、お父さんと正式にセックスをしたいと思っています。
セックスに、正式があるのかどうかは分かりませんが…w
とにかく、わだかまりを消すためにも、合意の上でお父さんの肉棒を入れて欲しいとお願いしています。

お父さんも、これまで中村陽葵ちゃんのフェラやパイズリを、楽しみにしていました。
なので、肉体関係を持つことに、もはや何の抵抗もありません。
いや、それどころか、若くてかわいい女子校生のカラダに、すっかり溺れていると言っても過言ではないほどです。
でも、もしかしたら、お父さんには少しだけ躊躇があったかもしれません。
『陽葵、入れるぞ…』
という言葉を優しくかけています。

中村陽葵ちゃんは待っています。
『セックスって気持ちいいそうだから、それを知りたいなー♪』
という気持ちだそうです。
以前は、納得の上でのセックスではありませんでした。
いや、セックスではなく、完全なレイプでした。
でも、今は、入れて大丈夫なのです。
中村陽葵ちゃんは、お父さんとセックスをしたいと思っているのです。

お父さんは、ビンビンに立ったオチ○ポで、中村陽葵ちゃんのオ○ンコ周辺を
スリ、スリ、スリ、スリ
ヌチャ、ヌチャ、ヌチャ、ヌチャ
と擦りあげます。
ドキドキしながら、お父さんのオチ○ポを受け入れます。

そんな中村陽葵ちゃんのワレメに、お父さんの肉棒が、
ズズズズーッ
ジュポ、ズブッ、ズブブ、ズブッ
っと入っていきます。
ビクッ、ビクッ、ビクッ、ビクッ
っと、カラダをこわばらせます。

お父さんは、ちょっと心配になって、
『大丈夫か?いったん抜こうか…』
とヒナタちゃんを気遣います。
それを、
『ハッ、ハッ、ハッ、ハッ』
と荒い息遣いをしながらも大丈夫と頑張ります。
『大丈夫。大丈夫だから抜かないで。』
『お父さんのがおっきいから、ちょっとビックリしただけだから…』
と言いながらも、
『はっ、はっ、はっ、はっ』と、声にならないような声を漏らしています。

その声を聴いて、お父さんは、ヒナタちゃんがとってもかわいく、いとおしく感じてしまいます。
『かわいいな。陽葵の声がかわいい。』
『小さかった時の女の子の声じゃなくて、もう大人の女性の声だ。』
『昔から、小さい時からかわいかったが、今はもっともっとカワイイ。』
お父さんに言われて、ヒナタちゃんは嬉しくて仕方ありません。
お父さんにキスしてとせがみます。
そして、いよいよお父さんのピストンが始まり…。

あらすじを読んで、『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』をのぞき見したいと思った方は、下記の画像をタップしてくださいね。

手塩にかけた娘のあらすじ その2

1話から振り返りつつ、丁寧にあらすじを書いていきます。
『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』は、主人公の中村俊樹の会社の風景から始まります。
中村俊樹は、とびぬけた才能があるわけでもないシステムエンジニアです。
大手のソフトウェア開発の会社に勤務していますが、出世は全く早くなく、むしろ遅い方です。
20年以上勤めてきて、ようやくチームの主任になったところです。
そんな中村俊樹の部下たちは、有能で多彩な才能を持った者が、たくさんいます。
それを、中村俊樹に自慢するわけではありませんが、部下同士の雑談の中に、そのような会話がしばしば入ります。
それに対して、中村俊樹には、みんなに誇れるような才能もないし、芸もありません。
でも、本人は、それでいいと思っています。
部下たちをうらやんだりはしていません。
なぜなら…。
中村俊樹には、目の中に入れても痛くない、世界一可愛い一人娘の陽葵ちゃんがいるからです。
今日も、いつものように電車に乗って家に帰ってきました。
自宅は、マンションのようです。
家に帰ると、元気に廊下を走る足音がします。
ドタ、ドタ、ドタ
お父さんを玄関まで迎えに出てきた陽葵ちゃんの足音です。
晩ご飯の途中だというのに、お箸を持ったまま、大好きなお父さんを迎えに来たのです。
陽葵ちゃんは、女子校生です。
オッパイも大きく成長しています。
いえいえ、ものすごい巨乳です。
HカップかIカップはあろうかと思えるほどの巨乳です。
そんなオッパイが成長しているにもかかわらず、まだお父さんに甘えている可愛い女の子です。

手塩にかけた娘あらすじ6話
手塩にかけた娘あらすじ7話

あらすじ その3

可愛い一人娘に、腕を組まれてリビングに行くと、晩ご飯が用意されています。
お母さんと陽葵ちゃんは、既にご飯を食べている最中でした。
晩ご飯のおかずは、焼き魚とお味噌汁のようです。
焼き魚は、サバです。
サバの焼き加減が良いはずだと、お母さんは言っていました。
そして、陽葵ちゃんが大好きな卵焼きです。
トロトロのアツアツの卵焼きは、とってもおいしそうです。
卵焼きの上には、チーズがのっています。
陽葵ちゃんとお母さんは、卵焼きをスプーンで食べています。
ということは、卵焼きの中は、トローリといい感じに焼けているのでしょうね。
そんな卵焼きを、お父さんに食べさせてあげる陽葵ちゃんです。
中村俊樹は、とっても嬉しそうで幸せそうです。
でも、心なしか表情はパッとしません。
そう、お父さんには、誰にも言えない悩みがあったのです。
それは、陽葵ちゃんが、全く、全然、自分に似ていないのです。
誰に聞いても、どんな時でも、
『お父さんに似ているね。』
という言葉は、ただの一度も聞いたことがありません。
いつも、
『お母さん似なのかな?』
『お父さんには似ていないね。』
という言葉ばかりです。
そう言えば…。
お母さんはかなり人づきあいがよく、男性との付き合いも多かったようです。
中村俊樹とお付き合いする直前まで、他に付き合っていた男性がいたようです。
ということは…。
いや、イヤ、そんなことはない…ハズ。
俺が、やることをちゃんとやって、娘ができた…ハズ。
病院で、生まれた娘を見届けた。
いや、待てよ…、もしかして…。
いやいや、そんなはずはない…ハズ。
振り払っても、振り払っても、疑念が晴れることはありません。
ということで、中村俊樹は、陽葵ちゃんとの親子関係を確かめるために、DNA鑑定に依頼することにしたのです。
そう、自分の疑念を晴らして、陽葵ちゃんが自分の子であることを証明するために!

あらすじ その4

お母さんが、友だちとの旅行で3日間留守にする日、お父さんは有給休暇を取って家に居ました。
それは、DNA鑑定の結果が届く日だったからです。
ヒナタちゃんが、作ってくれたサンドイッチを食べて、ソワソワしながらDNA鑑定の結果を待っていました。
ようやく届いたDNA鑑定の結果は、
『父と子は生物学的な父親と認められない。』
というショッキングなものでした。
何も考えられず、頭の中が真っ白になったお父さん。
ただ、ビールを飲んで、放心状態でイスに座っているだけです。
電気も点けず
一言も話さず
薄暗くなったリビングで、ボーっと無為な時間を過ごしていました。
そんな時、ヒナタちゃんが、学校から帰ってきました。
部活が終わってすぐに、友だちのお誘いも断って帰宅したのです。
なぜなら、大好きなお父さんに、晩ご飯を作ってあげるために。
部活でバドミントンをしてきたので、ヒナタちゃんからは若い女の子の汗のにおいがします。
そのニオイに、お父さんのオチ〇ポが反応します。
目の前にいるのは、今日の朝まで世界一カワイイと思っていた自分の娘。
でも、今は、誰か知らない男の娘。
若くてピチピチした巨乳の女子校生以外の何物でもありません。
これまで、自分の娘と思って、精一杯可愛がり…。
お金も時間もかけて、目に入れても痛くないほどかわいがってきたムスメ。
そんな娘が、他人だったとは…。

あらすじ その5

他人の娘なら、別にセックスしてもいいよな。
他所の女とセックスっするのと同じだもんな。
このような勝手な解釈で、ヒナタちゃんに性的な興奮をしてしまうお父さん。
晩ご飯の用意をしているヒナタちゃんの両肩をつかみ、強引に押し倒してしまいます。
そして、大きくてハリのある女子校生の巨乳を、ムニュッとつかみます。
いきなりのことで、びっくりするヒナタちゃんですが、大人の男の力で押さえつけられて身動きできません。
『いくらお父さんでも、胸は…。』
声にならない声で、必死にヤメテというのが精一杯です。
それでも、もはや理性のかけらも残っていない中村俊樹は、自分の性欲を満たすことに必死です。
ひたすらヒナタちゃんの巨乳をまさぐり、制服のボタンを外します。
ボロン、ブルンと揺れながら、女子校生のピチピチのオッパイが丸出しになります。
ヒナタちゃんのカラダからは、若い女子の汗のにおいがします。
益々性欲をみなぎらせるお父さん。
次は、ヒナタちゃんのスカートを捲り上げて、パンツの上からオ〇ンコをさすります。
シュリ、シュリ、サワ、サワ、サワ
グニュ、グニュ、グニョ、グニョ
どんどんエスカレートしていくお父さん。
ヒナタちゃんはなすすべもなく、涙を流して
『ヤメテ…』
と、お父さんに訴えるだけです。
そんな言葉に、耳を傾けることなく、お父さんは女子校生のオ〇ンコをいじくりまわします。
そして、とうとう、パンツを脱がせて、乙女の茂みをさすります。
『シッカリと濃い目に生えているな。』
ヒナタちゃんのマ○毛が濃いのを確認しながら、オ〇ンコをいじくります。
『マ○毛が、濃くても薄くてもアンタに言われたないわ!』
関西人なら、思わず突っ込みたくなるでしょうね。
それはともかく、パンツを脱がすと、モワ~~ッと、若いメスの匂いがします。
部活でかいた汗が、野獣と化したお父さんの性欲をさらにかき立てるのです。
オ〇ンコとお尻の穴を、同時に擦ります。
シュリ、シュリ、シュリ
グチュ、グチョ、グチュ、グチョ
『お前のお母さんも、オ〇ンコとお尻の穴を同時に擦られるのが好きだった。』
『気持ちイイだろ。感じ方は遺伝するのか。』
と、またどうでもよいことを言いながら、必死にヒナタちゃんのオ〇ンコを刺激します。

tesionikaketamusume

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』を読んで、管理人が個人的に思った率直な感想を書きました。

tesionikaketamusume
手塩にかけた娘 ネタバレ予想と口コミ
手塩 1話ただのメスになった日 ネタバレ予想
手塩 2話中に出したけど ネタバレ予想
手塩 3話何より大切だった物 ネタバレ予想
手塩 4話お父さんとずっと ネタバレ予想

手塩にかけた娘が俺の子じゃない詳細

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』の詳細を紹介します。

tesionikaketamusume

人気急上昇の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』のオトナ漫画の詳細を紹介します。

配信開始日 2020/3/27予定
コミックタイトル 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
5話のタイトル 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて
主人公 中村陽葵・中村俊樹
タイプ ムチムチ、巨乳、女子校生
作者 小桜クマネコ先生・チンジャオ娘先生
ジャンル フルカラー、巨乳・爆乳、ムチムチ、娘・義娘、オトナ青年
部門 エロ漫画
掲載誌 愛玩☆実験室
出版社 KATTS

※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

手塩にかけた娘の口コミと感想

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の、管理人の全く個人的な感想と口コミを紹介します。

tesionikaketamusume

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』の管理人の口コミを、5人のキャラクターになって書いちゃいました

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

ベッドに四つん這いになっている中村陽葵ちゃんの巨乳は、下につきそうなほど大きく垂れさがっているのがエロいです。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の作品だけあって、オッパイもお尻も大きくてムチムチ感がタマリマセン。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

中村陽葵ちゃんが、顔を赤らめながらお父さんに挿入してもらうシーンが、最高にエロかわいいです。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

2話で強引にオチ〇ポを突っ込んだ時と違って、今回は優しくゆっくりと挿入していきます。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

ウブな女子校生だったヒナタちゃんは、とうとうセックスの快感を知ってしまいました。

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』が配信されたので、あらすじ・ネタバレ・感想・口コミ・評判などを、どんどん更新していきますね。

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の巨乳女子校生のエロ漫画『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』の最新情報・あらすじ・ネタバレ・感想・口コミ・評判は、当サイトまで覗きに来てくださいネ

月額300円(税別)から定期購読できるよ?



トップへ戻る