手塩にかけた娘あらすじ3話何より大切だった物を

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第3話何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』のあらすじをいっぱい話しちゃいます
あらすじが、ネタバレになったらごめんなさい!

tesionikaketamusume

ネタバレの前に、『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の無料試し読みを、まずは楽しんでください

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の主人公は、中村陽葵(ひなた)ちゃんという巨乳の女子校生。
それと、ヒナタちゃんの父親である中村俊樹の2人です。

手塩にかけた娘が俺の子じゃない3話ネタバレ

tesionikaketamusume
『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』のあらすじを物語仕立てで書いちゃいました

第3話何より大切だった物を あらすじ その1

第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』のあらすじを紹介します。

中村陽葵(ひなた)ちゃんを、娘としてではなく、他人の巨乳女子校生と見てしまった中村俊樹。
嫌がるヒナタちゃんを、無理やり押さえつけて、ギンギンにそそり立った肉棒を、花弁に突き刺します。
今日の朝まで、世界一可愛がっていた娘。
それが、なんと他人の子供だったとは。
今まで一生懸命可愛がって、時間もお金もかけて、大事に大事に育ててきたのに。
ヒナタちゃんを、もはや娘という感覚ではなく…
己の肉欲のみで行動してしまう父親の俊樹。
今日の朝まで、毎日毎日顔を合わせ
毎日毎日『おはよう。』『おやすみ。』と言葉を交わしていたのに。
そんな時には一切思いもしなかった感情が、父親の頭を支配しています。
小さい時には、毎日のようにお風呂に入れていたヒナタちゃん。
その頃の体つきとは、全く違う成長した女性のカラダになっています。
今では立派に妊娠して、子供を産むことも可能な女性です。
そんなヒナタちゃんの体を前に、俊樹の理性は、かけらも残っていません。
ずぷっ、ずぷぅ、すぶっ、ずぷっ
ズチャ、ズチャ、ズチャ、ズプゥ
ヒナタちゃんをうつ伏せにして、後ろからハメまくります。
なすすべもなく、されるがままになっている娘に向かって、
『お前は、セックスするために、俺が今まで育ててきた家畜だ。』
と、ひどい言葉を浴びせかけて、何度も何度も肉棒を、きれいなワレメに抜き差しします。
『十何年間も育ててきた俺に、その体でしっかりと報いるんだ。』
なんとひどい言葉でしょう。
これが、今日の朝まで、可愛がっていた娘に対する言葉でしょうか。
しかも、ヒナタちゃんは、友だちの誘いも断って、お父さんの晩ご飯を作るために急いで帰ってきたのに。
でも、今の中村俊樹には、そんなことは一切関係ありません。
ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ
ぱちゅっ、ぱちゅっ、ぱちゅっ、ぱちゅっ
ズチャッ、ズチャッ、ズチャッ、ズチャッ
何かにとりつかれた様に、可憐な女子校生のオ○ンコに、肉棒を突き刺します。
何度も何度も抜き差しして、
『大分こなれてきて、スムーズに出し入れできるようになってきたぞっ。』
そんな勝手なことをつぶやきながら、
ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ
ずちゃ、すぷぅ、ずぶっ、ずぷぅ
必死になって腰を振りまくります。
『いやぁ、やめてよぉ、お父さんっ!』
泣いて拒むしかないヒナタちゃんのカラダを、さらに上からのしかかって…

続きは本編で…

第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』のあらすじを読んで、『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』をのぞき見したいと思った方は、下記の画像をタップしてくださいね。

手塩にかけた娘の第3話あらすじ その2

1話から振り返りつつ、あらすじを書いていきます。

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』は、平凡なサラリーマンの中村俊樹と、その一人娘ですごく可愛い中村陽葵ちゃんが、主人公のエロ漫画です。
中村俊樹は20年も勤務して、ようやく主任に昇格できたシステムエンジニアです。
さして才能があるわけでもない中村俊樹の部下は、さまざまな分野で活躍した多彩な人材で構成されています。
自分に自慢できるものがない中村俊樹ですが、本人はそれで満足していました。
何故なら、中村陽葵(ひなた)ちゃんという、すごく可愛い一人娘がいるからです。
顔は、芸能事務所にスカウトされる程の可愛らしさ。
ボディは、Iカップはあろうかと思えるほどの巨乳です。
でも、バドミントン部のエース的な存在で、体つきは締まっています。
その上、なんと言っても中村俊樹にすごく懐いている、『お父さん大好きっ子』なのです。
大して才能がなくても、出世が遅くても、
『自分には陽葵がいる。』
そう思うだけで、中村俊樹は幸せでした。
勤務時間が終わって、コーヒーなどを飲みながら談話している部下に、
『お先にっ!』
と言って、さっさと帰ります。
電車に乗って家に帰ると、待ってましたと陽葵ちゃんが玄関まで走って迎えに来てくれます。
そして、嬉しそうにお父さんに抱き着いてくれます。
最近の女子校生にしては、珍しいお父さん大好きっ子です。

あらすじ その3

玄関まで迎えに出てくれたヒナタちゃんに引っ張られて、リビングまで行く中村俊樹。
そこには、晩ご飯が用意されていました。
おかずは、質素ですが、焼き魚のサバ、お味噌汁。
そして、お母さんのスペシャル卵焼き。
アツアツの卵焼きに、チーズが載せられています。
お母さんは、料理が得意なようです。
いくつ卵を使ったのかと思うほど、ボリュームたっぷりの卵焼きです。
そんな卵焼きを、ヒナタちゃんが食べさせてくれます。
『お父さん、ア~~ンして。食べさせてあげる。』
可愛い一人娘に、卵焼きをア~~ンしてもらって、嬉しそうにためるお父さん。
すると、今度はお母さんが、
『次は私が食べさせてあげる。はい、ア~~ンして。』
と、お母さんも同じようにスプーンに卵焼きを載せて食べさせてくれました。
でも、私の個人的な印象では、このお母さんの微笑みは、ちょっと不気味です。

あらすじ その4

すごく幸せそうな一家だんらんの夕食ですが、どこかしら表情がさえないお父さん。
それは、ずっと以前から心に芽生えていたある不安というか疑念だったのです。
中村俊樹は、全くイケメンではありません。
大手企業に勤めていますが、20年勤務してようやくチームの主任になれたシステムエンジニアです。
全く出世街道に程遠いサラリーマン生活を送っています。
一方で、ヒナタちゃんは、非常にかわいい女の子です。
表情も豊かで、目も大きく、アイドル並みの美貌です。
アイドル並みというよりは、実際にアイドルになれそうです。
芸能プロダクションから、お誘いの声がかかっているほどです。
そんな自慢の一人娘なのですが、自分とは似ても似つかないのです。
今まで、『お父さんに似ているね。』と言われてことは一度もありません。
保育園に行った時も
学校に入学した時も
どこへ行っても、誰に言わせても
『お母さん似ですか?』
という言葉しかありません。
そういえば、お母さんは人づきあいがかなり積極的で…
お父さんと付き合う直前まで、他の彼氏がいたそうです。
『もしかしたら…。』
『いやいや、そんなことはない。お母さんとやることをして、ヒナタが生まれてきたんだ。』
と、不安を打ち消そうとするお父さんですが、不安は一向に消えません。

あらすじ その5

全く疑念を晴らすことができないお父さんは、ついにDNA鑑定に出します。
そしてとうとうその結果が送られてくる日、お父さんは有給休暇を取得して家で待機しています。
お母さんは、友だちと旅行に出かけて、3日間留守にします。
どんな友だちかは、意味深です。
とにかく、DNA鑑定の結果が届く日を、お母さんの旅行の日に合わせたのは間違いなさそうです。
朝からソワソワしながら、DNA鑑定結果を待つお父さん。
ようやく届いたDNA鑑定の結果は…。
『私的父子DNA型父子鑑定書 父は子どもの生物学的父親とは認められない。』
『父権肯定確率0.0000%』
そんな…バカな…。
こんなにも可愛がっていた陽葵が、自分の子がないなんて…。
愕然とするお父さんです。
ヒナタちゃんは、そんなこととはつゆ知らず…。
部活のバドミントンで、タップリ汗を流し、急いで家に帰ります。
友だちが、タピオカを誘っても、断ってまっすぐ家に帰ります。
それは、大好きなお父さんに、晩ご飯を作らないといけないから。
可愛くて、人気者なのに、料理もできるなんて、スーパー女子校生ですね。
家に帰って、早速晩ご飯の支度にとりかかるヒナタちゃんから、汗のニオイがしてきます。
そのニオイは、若い女のニオイです。
突然、性的な興奮を覚えるお父さんの股間は、みるみる膨れ上がります。
あまりにもショックなDNA鑑定結果により、理性はどこかに吹き飛んでいます。
男としての本能で、ヒナタちゃんに襲い掛かるお父さん。
状況把握が全くできないヒナタちゃんは、ただ驚くことしかできません。
そんなヒナタちゃんを、無理やり押し倒し、大きな巨乳をグニュッッとつかみます。
そして、制服のボタンをはずし、若くてハリのあるオッパイを…。

手塩にかけた娘が俺の子じゃない詳細

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』の詳細を紹介します。

tesionikaketamusume

人気急上昇の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』のオトナ漫画の詳細を紹介します。

配信開始日 2020/3/25
コミックタイトル 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
3話のタイトル 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして
主人公 中村陽葵・中村俊樹
タイプ ムチムチ、巨乳、女子校生
作者 小桜クマネコ先生・チンジャオ娘先生
ジャンル フルカラー、巨乳・爆乳、ムチムチ、娘・義娘、オトナ青年
部門 エロ漫画
掲載誌 愛玩☆実験室
出版社 KATTS

※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

tesionikaketamusume

手塩にかけた娘 ネタバレ予想と口コミ
手塩 1話ただのメスになった日
手塩 2話中に出したけど
手塩 3話何より大切だった物
手塩 4話お父さんとずっと

手塩にかけた娘の口コミと感想

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の、管理人の全く個人的な感想と口コミを紹介します。

tesionikaketamusume

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』を読んで、管理人が個人的に思った率直な感想を書きました。

中村陽葵ちゃんは、お父さんに無理やり押し倒されて、犯されてしまいます。
それも、一度ではなく、
第3話の『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』
のタイトル通り、中出しで犯されてしまいます。
カラダは大人ですが、まだ精神的に成熟しきっていない女子校生にとって、

  • これまで育ててくれたのは本当の父親じゃない
  • 信頼しきっていたお父さんにレイプされた

このショックは非常に大きいものがあります。
どちらか一つでも、立ち直ることはなかなかできるものではありません。
なのに、いきなり、何の前触れもなく犯されてしまい…。
そんな状況の中で、
『お前は俺の子ではない。俺がセックスするために育ててきた家畜だ。』
と言われたら、どんなにショックだったのでしょうか。
お父さんは、陽葵ちゃんが、自分の子ではないというだけで、理性を吹き飛ばしています。
それ以上のショックを、誰よりも、何よりも大事にしていた娘にぶつけるなんて、なんて残酷なのでしょう。
でも、安心してください。
陽葵ちゃんは、あなたが想像する以上に強くてしっかりした女子校生です。
お父さんよりも、お母さんよりも、実はしっかりしている女の子です。
3話を最後まで読めば、あなたにもわかっていただけます。
エロくて過激な小桜クマネコ先生・チンジャオ娘先生のエロ漫画を、たっぷり楽しんでくださいネ。

tesionikaketamusume

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』の管理人の口コミを、5人のキャラクターになって書いちゃいました

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

精神的なショックが大きいと、理性よりも本能が勝ってしまうのですね。お父さんの顔が怖いです。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

中村陽葵ちゃんは、学校ではモテているのでしょうね。かわいくて、巨乳なんですから、男子が放っておくはずがないですよね

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

目の中に入れても痛くないほど可愛がっていた娘を、いきなり襲ってしまうのですから、相当な精神的なショックを受けたのでしょうね。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

なにも抵抗できないまま、お父さんに何度も犯されてしまう陽葵ちゃんの泣き顔がエロ過ぎます。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

陽葵ちゃんのオッパイがブルンブルン揺れるさまが、リアル感満点で描かれています。

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』が配信されたので、あらすじ・ネタバレ・感想・口コミ・評判などを、どんどん更新していきますね。
小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の巨乳女子校生のエロ漫画『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の最新情報・あらすじ・ネタバレ・感想・口コミ・評判は、当サイトまで覗きに来てくださいネ
月額300円(税別)から定期購読できるよ



トップへ戻る