手塩にかけた娘 10話 幼い頃を想いながら味わう

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第10話 幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体あらすじをいっぱい話しちゃいます♪

話しが急展開しておもしろかったので、調子に乗りすぎて、あらすじがネタバレになったらごめんなさい!

tesionikaketamusume

ネタバレの前に、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでの無料試し読みを、まずは楽しんでください

手塩にかけた娘の無料試し読み
♡下の画像をタップしてね♡



tesionikaketamusume


無料試し読みの後、読んでみてね♪
手塩にかけた あらすじ1話
手塩にかけた あらすじ2話
手塩にかけた あらすじ3話

手塩にかけた娘 10話 あらすじ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第10話 幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体のあらすじを物語仕立てで書いちゃいました♪

10話幼い頃を想いながら味わう あらすじその1

第10話幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体を読んだので、あらすじを紹介します。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので全体のストーリーが、第10話の真ん中あたりで急展開します。
幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体というタイトルから想像してほしいのですが…。
中村陽葵ちゃんが、ちょっと変わったセックスを、お父さんにねだります。
これは、すごくマニアックです。

第10話までのあらすじを忘れてしまったら、こちらを先に読んでくださいね。
手塩にかけた あらすじ4話
手塩にかけた あらすじ5話
手塩にかけた あらすじ6話
手塩にかけた あらすじ7話
手塩にかけた 8話あらすじ若いメスとの生セックス
手塩にかけた 9話あらすじ私のほうが気持ちいい

さて、第10話のあらすじに入ります。
中村陽葵ちゃんは、お父さんとリビングのテーブルの椅子に座っています。
もうすぐ晩ご飯のようです。
中村陽葵ちゃんが、お母さんに、
『今日の晩ご飯なに?』
と聞いています。
すると、お母さんが、
『スーパーでお弁当買ってきたから、今温める。ちょっと待ってて。』
といって、晩ご飯の用意に取り掛かります。
すると、中村陽葵ちゃんは、
『今日も?またお弁当?昨日も一昨日もお弁当じゃん。』
と、最近のお母さんの手抜きの家事をなじります。
『文句あるなら自分で作ればいいじゃん?お母さんだって忙しいんだから!』
と、キレてしまうお母さん。
でも、中村陽葵ちゃんも負けてはいません。
横目でお母さんを見ながら、
『いっつも暇にしてるじゃん。』
と、くってかかります。
『こ、これっ、陽葵やめなさい。』
慌てて止めに入るお父さん。

そんなお父さんを横目で見て、怪しい笑みを浮かべるヒナタちゃん。
そして、一言いいます。
『暇。』
そう言って、右手をお父さんの股間の方へ伸ばします。
お母さんが、台所にいるのに…。

慌てるお父さんですが、ヒナタちゃんはお構いなしで、お父さんのオチ〇ポを丸出しにします。
『あ~~っ、お父さん立ってる。したいんでしょ~~。』
と、イタズラっぽい目でニヤニヤ笑いながら挑発します。
『べ、別にいいよ。今は。』
『じゃ、ご飯の後でね。』
と言いつつ、お父さんのオチ〇ポを、
シュリ、シュリ、スリ、スリ
一生懸命擦り上げます。

お母さんに気づかれるのを、心配するお父さんですが、
『大丈夫だよ。テーブルの下だから気づかれないよ。』
『出る~~。』
『お父さんが我慢すればバレないよ。気づかれないかな~~。』
かなり意地悪なヒナタちゃんです。
辛抱しろと言っても、辛抱できるものではありませんよね。
お父さんはたまらず、
ビュルルルル~~、ドピュュッ
テーブルの下で、発射してしまいました。

そして、この後、スーパーのお弁当を3人で食べますが…。
お母さんは相変わらず、ラインばかりしています。
ヒナタちゃんが、誰とラインしてるのと聞いても、『友だち』としかいいません。
この日も、お母さんは、友だちと会うと言って外出していきました。

ヒナタちゃんも、お菓子をまとめ買いしようと近くに出かけていたところ、偶然お母さんに会いました。
お母さんは、見知らぬ男性と一緒です。
この男性は、すごく怪しげで下品な感じです。
ヒナタちゃんの前で、自分が父親だとか、お母さんには夜の相手でも世話になっているとか、品のないことしか言いません。
『あれ、あんまり驚かないな。』
と、怪しげな男が、不思議がっています。

そんなこと、ヒナタちゃんは、とっくの昔にお父さんから、お母さんが浮気してできた子供だということを聞かされています。
驚くはずがありません。
それどころか、とぼけたことを言って、不敵な笑みを浮かべるヒナタちゃんです。
一体何を企んでいるのでしょうか…。

第10話幼い頃を想いながら味わうのあらすじを読んで、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでをのぞき見したいと思った方は、下記の画像をタップしてくださいね。

手塩にかけた娘 あらすじ その2

1話から振り返りつつ、第10話幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体までのあらすじを書いていきます。
手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでの主な登場人物は、中村俊樹と中村陽葵(ヒナタ)の二人です。
中村俊樹は、マジメなタイプのサラリーマンで、システムエンジニアです。
20年間勤めあげて、初めてチームの主任になれた、出世の遅い会社員です。
年齢は、おそらく40代半ばだと思われます。
中村陽葵は、中村俊樹の一人娘です。
アイドル並みのすごく可愛い顔をしていて、芸能プロダクションからも声がかかるほどです。
でも、本人は、芸能界入りは全く考えていません。
それよりも、部活のバドミントンの方に熱中している活発で明るい女子校生です。
バドミントンの腕は相当なもので、県大会の活躍が期待されています。
ヒナタは、最近では珍しいほどのお父さんが大好きな女子校生です。
お父さんが会社から帰ってくるやいなや、ドタバタドタバタと大きな足音を立てて、玄関まで走って迎えに出てきます
そして、大好きなお父さんにベターっと抱きつきます
一人娘に抱きつかれて、お父さんも嬉しそうです。

手塩にかけた娘 1話ネタバレ・感想
手塩にかけた娘 2話ネタバレ・感想
手塩にかけた娘 3話ネタバレ・感想
手塩にかけた娘 4話ネタバレ・感想
手塩にかけた娘 5話ネタバレ・感想
手塩にかけた娘 6話ネタバレ・感想
手塩にかけた娘 7話親子でAV鑑賞ネタバレと感想
手塩にかけた娘 8話ネタバレ若いメスとの生セックス
手塩にかけた娘 9話ネタバレ妻と比べる娘の抱き心地
手塩にかけた娘 10話ネタバレ大人になった娘の肉体
手塩にかけた娘 11話ネタバレお父さんと会うために

手塩にかけた娘 あらすじ その3

中村俊樹、ヒナタ、お母さんの3人で、晩ご飯を食べていた時のこと。
晩ご飯は、サバの焼き魚と汁物ですが、それにお母さん得意の卵焼きもあります。
この卵焼きが、トロトロで熱々で、メチャおいしいのです。
卵焼きの上には、トロリとしたチーズものっていて、卵とチーズの風味が合わさって絶品の卵焼きです。
その卵焼きを、お父さん大好き女子校生のヒナタが、『アーンして♪』といって、食べさせてくれるのです。
中村俊樹にとって、ヒナタは手塩にかけて育ててきた、何物にも代えがたい宝物です。
そんなヒナタを見ていると、ふと不安を感じるのです。
可愛い一人娘に、悪い虫がついたらどうしよう…。
こんな不安は、世の中のお父さんなら誰もが抱く不安です。
でも、中村俊樹の不安は、ちょっと違うところにありました。
それは、自分に、あまりにも似ていなさすぎるのです。
自分の子であれば、目元だとか口元だとか、仕草だとか…。
どこかに、何かしら似ている部分があるはずです。
でも、ヒナタと中村俊樹は、どこのどの部分を持ってきても、一切似ていないのです。

手塩にかけた娘 あらすじ その4

絶対に認めたくない疑念を晴らしたくて、中村俊樹はDNA鑑定で実の親子であるかを鑑定してもらいました。
お母さんが、友だちと旅行に行くと言って3日間留守の日、DNA鑑定の結果が送られてきました。
あえて、お母さんが留守の日を選んだのです。
結果を見ると、
『生物学的な親子ではない。』
という、最悪の鑑定結果です。
中村俊樹の頭は真っ白になり、理性も何も吹っ飛んでしまいました。
学校から帰ってきた娘を見た瞬間、可愛い一人娘が単なる巨乳女子校生に見えました。
そうです。
もう、手塩にかけて育てたカワイイ娘ではなく、犯すために育ててきた家畜になってしまったのです。
中村俊樹のオチ○ポは、ムクムクと大きくなってしまいました。
もう、我慢できません。
あまりのショックの大きさに、理性がなくなり本能に支配された脳は、朝まで我が娘だったヒナタを犯すことしか考えられなくなっています。
『ヤメテ、お父さん、イヤだってば。』
叫ぶ声など、耳に入りません。
『お前は家畜だ。俺がセックスするために育ててきた家畜だ。』
勝手なことを言って、さんざん犯しまくります。
何度も何度も中出ししてしまいます。
今日の朝まで、何よりも大切に、大事に大事に育ててきた娘を、自分の手で穢してしまったのです。

手塩にかけた娘 あらすじ その5

何発もヒナタの膣に中出しをして、性欲を吐き出したことで理性が戻ってきました。
中村俊樹は、自分が犯してしまった罪を償うため、警察に行こうとします。
玄関を出た時、後ろから、ヒナタが追いかけてきました。
バスタオルを一枚カラダに巻いただけの姿です。
そして、お父さんに警察に行くなと訴えます。
まだ、お父さんと呼んでくれるヒナタの声に止められて、警察へ行かずに家に戻りました。
次の日、中村俊樹もヒナタも、何ごともなかったかのように、会社や学校に行きました。
そして、会社から帰ってきたとき、ヒナタがお父さんのオチ○ポを丸出しにして、口にくわえてしまいます。
『やっぱり、私が許していないと思って、お父さんが警察に入ったらいやだ。』
『だから…、私がお父さんを気持ちよくさせてあげるから、どこにも行かずにこのまま一緒に暮らしていきたい。』
本当に、お父さんが大好きだったのですね。
ヒナタは、これまでお父さんとして慕っていたのですが、これからは異性としてお父さんを好きになってしまいます。
それからというものは、毎日のように、ヒナタにフェラで抜いてもらいことになります。
いけないことだとは思いながらも、中村俊樹はフェラを心待ちにしてしまうのです。
それから数日後、ヒナタがIカップの巨乳を丸出しにして、パイズリを始めます。
学校や家でエロ動画を見て、AV女優さんがすることを研究したのです。
AV女優さんがパイズリをしているのを見て、お父さんにしてあげる親孝行(?)な娘です。

手塩にかけた娘 あらすじ その5

数日後、ヒナタはベッドに手をついて四つん這いになり、お父さんにオチ○ポを入れてと言います。
前に入れられたのは、レイプです。
全くの合意も、気持ちの整理もなく、一方的にお父さんの感情で入れられてしまったのです。
その時のまんまのオ○ンコでは、イヤだったのでしょう。
しっかりと、セックスのけじめを付けたかったのかもしれません。
お父さんにゆっくり入れてもらい、初めてセックスの気持ちよさに目覚めました。
それからというものは、毎日日にち、お母さんに隠れてお父さんとのセックスです。
毎日2発3発と、中出しするお父さん。
もう、40代半ばだというのに、タフです。
それだけ、ヒナタのカラダが良いのでしょうね。
ヒナタは、暇があれば、お父さんとのセックスを考えるようになってしまいました。

手塩にかけた娘 ネタバレ予想と口コミ

tesionikaketamusume

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでの第10話 幼い頃を想いながら味わう を読んで、管理人が個人的に思った率直な感想を書きました。

1話の時は、まだまだ子供のような無邪気なヒナタでした。
でも、10話になると、ちょっといたずらっぽく、セックスにも詳しくなっています。
当たり前のように、お父さんのオチ○ポをしごいて、セックスをするようになっています。
それに、お母さんに対して、敵愾心みたいんものを持ったのでしょうか。
だんだんと、突き放すような態度をとるようになります。
何かを企んでいることが分かります。
お母さんに対して、どんな作戦に出るのか楽しみですね。

手塩にかけた娘が俺の子じゃない詳細

手塩にかけた娘の第10話 幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体 の詳細を紹介します。

tesionikaketamusume

人気急上昇のオトナ漫画、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので、第10話、幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体、のエッチな詳細を紹介します。

配信開始日 2020/3/27予定
コミックタイトル 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
10話のタイトル 幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体
主人公 中村陽葵・中村俊樹
タイプ ムチムチ、巨乳、女子校生
作者 小桜クマネコ先生・チンジャオ娘先生
ジャンル フルカラー、巨乳・爆乳、ムチムチ、娘・義娘、オトナ青年
部門 エロ漫画
掲載誌 愛玩☆実験室
出版社 KATTS

※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

手塩にかけた娘の口コミと感想

管理人の全く個人的に思った感想と口コミを紹介します。
手塩にかけた娘 口コミ1話 娘がただのメスに

tesionikaketamusume

手塩にかけた娘 第10話 幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体を読んだ管理人の口コミを、5人のキャラクターになって書いちゃいました♪

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

テーブルの下で、お父さんのオチ○ポを握って、横目で見つめる視線が、いたずらっぽくてセクシーです。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

もうすでに、お父さんよりもヒナタがセックスの主導権を握ってリードしている感じです。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

まさか、紙おむつをはいてセックスするとは、思いもよりませんでした。赤ちゃん返りしてお父さんに甘えたかったのでしょうか。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

街で、怪しい男と一緒にいるお母さんに出会ったとき、女子校生とは思えない落ち着きぶりです。下品な男には、ヒナタに軽く一蹴されているのが分からないのですね。哀れなオッサンです。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

テーブルの下でお父さんのオチ○ポを擦りあげて、『我慢すればいいじゃん。』というヒナタに、お父さんは逆らえませんでした。性に目覚めた女子校生は、どんどん逞しくなっていきますね。

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の手塩にかけた娘の第10話、幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体が配信されたので、あらすじ・ネタバレ・感想・口コミ・評判などを、どんどん更新していきますね。
小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の巨乳女子校生のエロ漫画、手塩にかけた娘の最新情報・あらすじ・ネタバレ・感想・口コミ・評判は、当サイトまで覗きに来てくださいネ♪
月額300円(税別)から定期購読できるよ?



トップへ戻る