手塩にかけた娘のフェラチオ

手塩にかけた娘のフェラチオ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでの中村陽葵ちゃんは、授業中にスマホでAVを見て、お父さんにフェラチオしてあげます。お父さんのことが大好きなので、どこにも行かないように気持ちよくなってもらいたいからです。

手塩にかけた娘口コミ5話身体を重ねるたび娘は

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』の口コミを書きました。 お父さんに犯されて、自分の子じゃないと告げられて大きなショックを受けた陽葵ちゃんですが…。 大好きなお父さんに家を出て行ってほしくない一心で、フェラチオやパイズリで、お父さんを気持ちよくさせてあげました。 そして、第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』では、とうとう本当の意味でのセックスを体験しちゃいます。 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでの、本当の意味でのエロさが、いよいよ始まります。 巨乳女子校生のエロ漫画が、ますますエロくなって行きます。

手塩にかけた娘 口コミ 4話お父さんとずっと

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第4話『私、お父さんとずっと一緒にいたいから』の口コミです。 第3話で、何度も何度も父親の中村俊樹に中出しで犯されてしまった陽葵ちゃん。 でも、中村俊樹が警察に自首しようとするのを止めて、家に連れて帰ります。 次の日、二人は何事もなかったかのように、それぞれ会社と学校に行きます。 よる、帰ってきたとき、陽葵ちゃんは、思いもつかない行動に出ます。 お父さんのズボンを下げて、オチ○ポを握りしめたのです。 『お父さんの気持ちいいことしてあげる。』 あんなにひどいことをされたのに、陽葵ちゃんはお父さんと一緒にいたいのです。 お父さんが警察に自首しないように、カラダを使ってお父さんを引きとめるのです。

手塩にかけた娘11話あらすじ お父さんと会うため

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでは、11話『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』で最終話となります。 中村陽葵ちゃんとお父さんの俊樹が、実の親子でないことから、お母さんに隠れて毎日エッチするようになり… 10話では、ベビーベッドの上で、紙おむつをはいてエッチしていましたね。 陽葵ちゃんは、お父さんを父親としてよりも男性として大好きになっています。 お母さんの怪しい行動と、自分が本当の父親だという下品な男。 こんなお母さんから、大好きなお父さんを奪いたいと思っています。 陽葵ちゃんは、この二人に対して、どのような行動に出るのでしょうか。 陽葵ちゃんの表情を見ていると、心に秘めた作戦があるようです。 そして、さらに過激に本格的なセックスをするようになったお父さんとの関係は…? 最後の結末が楽しみです。

手塩にかけた娘あらすじ5話身体を重ねるたび女の悦び

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第5話『身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて』で、初めて中村陽葵ちゃんと父親の俊樹は、合意の上で結ばれます。 これまでは、フェラとパイズリで、お父さんを気持ちよくしてあげていただけのヒナタちゃん。 でも、やっぱり犯されただけでは嫌だったのです。 実際に、合意した上でのセックスというものを体験してみたくなったヒナタちゃんは、バックでお父さんに入れてくれるようにねだります。 お父さんの肉棒を入れられて、感じまくる女子校生。 そこには、幼かった娘の姿ではなく、大人になった女性の姿がありました。 バックで中出しされた後、それだけで飽き足らず、ヒナタちゃんは別のことも試したいと言い出します。

手塩にかけた娘あらすじ3話何より大切だった物を

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』のあらすじを、詳しく紹介します。 第2話で、目に入れても痛くないほどかわいいはずだった中村陽葵ちゃんを、犯してしまった父親の中村俊樹。 『ココが感じるのは、お母さんと同じ。』 『マ○毛が濃いのは、自分の遺伝ではない。』 などと、中村陽葵ちゃんを、言葉でも凌辱してしまった父親だったはずの中村俊樹。 今まで可愛がっていた反動が、中村俊樹の理性を完全に吹き飛ばしてしまいました。 巨乳で若くてハリのある女子校生のカラダに、性欲の塊となったのと父親の股間は、一向に鎮まりません。 いや、それ以上に、益々エッチな気分になってしまいます。 『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第3話『何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして』では、これでもかと言う程、中村陽葵ちゃんの若いカラダを攻め立てます。
『手塩にかけた娘』おすすめだよ!

teshionikaketamusume

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生のエロ漫画最強コンビが、またまたエッチで面白い漫画を作ってくださいました。

このエロ漫画をより楽しんでいただくために、プロローグを書いておきます。

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生のエロ漫画の主人公は、中村俊樹と中村陽葵(ヒナタ)の親子です。

中村俊樹は、システム開発会社に勤務する何の変哲もない会社員です。

ただ、まじめさと責任感の強さで、20年間コツコツと仕事に取り組んできました。

その甲斐あって、ようやくチーム緒主任に昇格したところです。

年齢は、すでに40代半ばになっていると思われます。

中村俊樹の部下には、仕事だけでなくスポーツやゲームにまで、多彩な才能を持った若者がたくさんいます。

でも、中村俊樹は、部下たちの才能をいいなとは思いますが、決して羨んだり妬んだりすることはありません。

そして、自分にはそんな才能がないのはよくわかっています。

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生のエロ漫画の、もう一人の主人公の中村陽葵ちゃんは、女子校生です。

アイドル並みのかわいい容姿で、芸能事務所からもスカウトが来るほどです。

しかもかなりの巨乳で、制服の上からでも大きな胸がすごく刺激的です。

でも、本人は、部活のバドミントンが大好きで、芸能界には興味がないようです。

バドミントンの腕前もかなりなもので、学校では敵なし。

県大会での活躍も期待されています。

余計なお世話かもしれませんが、バドミントンしているときに、大きな胸はハンディキャップにならないのかと心配してしまいます。

そんな中村陽葵ちゃんは、お父さんが大好きです。

近頃の女子校生は、お父さんに近づかない子も多くいます。

お父さんと話しすらしない女子校生も、決して珍しくありません。

そんなご時世ですが…

中村陽葵ちゃんは、今でもお父さんに甘えています。

中村俊樹が、会社から帰ってくると、食べかけのご飯もそのままに、お箸を持ったまま走って迎えに出てきます。

そして、『お父さん、お帰り~~。』と言って、ムギュ~~~ッと抱き着きます。

それほどまでに、お父さんが大好きなのです。

こんなかわいい一人娘がいるのですから、中村俊樹は部下たちのような才能がなくても平気なのです。

それどころか、世の中には、娘に話してもらえるだけでうらやましいと思うお父さんがたくさんいるはずです。

世間一般から見れば、中村俊樹こそ、お父さん連中からうらやましがられる存在かもしれません。

そんな中村俊樹は、自慢の一人娘のヒナタちゃんの写真を、スマホに入れています。

会社の飲み会の時にも、部下たちにヒナタちゃんの写真を見せて自慢しています。

部下たちは、ヒナタちゃんの写真を見て、その可愛らしさにびっくりします。

『中村主任の娘さん、めちゃカワイイじゃないですか。』

『アイドルになれますよ。』

『本当にかわいい。』

など、本音でヒナタちゃんの可愛らしさを褒めています。

でも、その誉め言葉の後に、必ず出てくる言葉があります。

『中村主任には、全然似てないですね。』

『陽葵ちゃんは、お母さん似ですか?』

この言葉は、これまでも何度も何度も言われてきました。

保育園に入園した時

小学校に入学した時

その他にも、ありとあらゆる場面で、

『陽葵ちゃんは、お母さん似なのかな?』

と言われ続けてきました。

中村俊樹は、自分でも陽葵ちゃんと自分が似ていないと思います。

目、鼻、口、髪の毛、体型、その他、耳の形や指の先までどこをとっても、自分とヒナタちゃんは似ていないのです。

自分とヒナタちゃんが似ていないことを考えると、中村俊樹は不安を感じてしまいます。

というのは、中村俊樹の奥さん(ヒナタちゃんのお母さん)は、若い時けっこう派手に遊んでいたようなのです。

中村俊樹と付き合う直前まで、彼氏がいたようです。

しかも、すごく性欲の強い女性でした。

中村俊樹とも付き合ってから結婚するまで、毎晩のようにセックスしていたようです。

そして、ある日突然、

『妊娠したから結婚しましょう。』

と、中村俊樹に言ってきたのです。

その時、中村俊樹と奥さんは付き合っていたし、毎晩のようにセックスしていたので、自分の子だと信じ切っていました。

でも、親子であるにもかかわらず、全く自分と似ていないヒナタちゃんを見ると、やはり不安を感じてしまいます。

『そんなはずはない。自分がやることをやって、陽葵ができたんだ。』

『陽葵が生まれた時も、ちゃんと病院で見たじゃないか。』

何度も何度もその不安を振り払おうとするのですが、ますます疑念が湧いてきます。

その疑念を振り払うために、中村俊樹は決断をしました。

それは、DNA鑑定です。

最近、奥さんは、友だちとのお付き合いが忙しく、よく家を空けます。

今回も、友だちと2泊3日の旅行に行くようです。

その日を利用して、結果が届くようにDNA鑑定に依頼したのです。

奥さんが、旅行に行ったその日、中村俊樹は有給休暇をとって、DNA鑑定の結果が送られてくるのをソワソワしながら待っていました。

そして、待ちに待ったDNA鑑定結果が送られてきました。

これで、今まで抱いていた疑念が払われる。

ヒナタちゃんと真の親子としてセすることができる。

期待をしながら、DNA鑑定の結果を見たのですが…。

そこに書かれていたものは、

『父親と子供は、生物学的な親子とは認められない。』

『親子である確率は、0.000%』

という最悪の鑑定結果だったのです。

ショックでした。

頭の中が真っ白になり、何も考えられなくなりました。

ビールを飲んでも、落ち着きは取り戻せません。

夕方で薄暗くなっても、電気すらつける気にもなれません。

ひたすら、ボーッとリビングの椅子に座っているだけです。

そんな時、ヒナタちゃんが学校から帰ってきました。

お母さんが旅行でいないから、お父さんに晩ご飯を作ってあげなきゃと思い、急いで帰ってきました。

部活の友だちに、タピオカに行こうと誘われたのですが、断って必死に帰ってきたのです。

ヒナタちゃんは、お母さんに似て料理が上手なようです。

お母さんは、遊びは派手ですが、料理の腕は抜群のようです。

先日も、夕食に卵焼きを作ってくれたのですが、焼き加減と言い、味付けと言い、最高でした。

それに、単なる卵焼きではなく、上にのせられているチーズも絶品です。

そんなお母さんに似た料理の腕前で、唐揚げの下準備をしています。

その姿を見た、中村俊樹が、反応します。

つい、今日の朝までは、目に入れても痛くないほどカワイい自分の一人娘の中村陽葵。

でも、今目の前にいるのは、自分の娘ではなく他人の女子校生。

自分とは血が繋がっていない、他の誰ともわからない男の血を引いた女子校生です。

ヒナタちゃんは、部活でバドミントンをして、汗をかいています。

若い女の子特有の汗のニオイです。

そのニオイに、中村俊樹の股間が反応します。

ムクムクと、大きく膨らんできます。

今日の朝までなら、ヒナタちゃんの汗のニオイで、股間が膨らむようなことは決してなかったでしょう。

でも、今は違います。

ヒナタちゃんは、自分の娘ではないのです。

そして、今の中村俊樹に理性はありません。

頭の中で、何かを判断するということができません。

ただただ、本能によってのみ行動するしかない状態です。

中村俊樹は、ヒナタちゃんの両肩を抱いて、不気味な表情をしています。

突然のことで、何が起こったのかもわからないヒナタちゃんは、

『どうしたの?お父さん、どうしたの?』

と聞くしかありません。

そんなヒナタちゃんの問いかけに、一切答えることなく…。

中村俊樹は、ヒナタちゃんを押し倒します。

仰向けに倒れたヒナタちゃんの上に、馬乗りになって、女子校生の大きなオッパイをムンズと鷲掴みにして…。

手塩ネタバレ予想

1話ネタバレ予想

2話ネタバレ予想

3話ネタバレ予想

4話ネタバレ予想

1話手塩ネタバレ

2話手塩ネタバレ

3話手塩ネタバレ

4話手塩ネタバレ

5話手塩ネタバレ

6話手塩ネタバレ

7話手塩ネタバレ

8話手塩ネタバレ

9話手塩ネタバレ

10話手塩ネタバレ

11話手塩ネタバレ

ネタバレ詳細

娘がただのメスになった日1話あらすじ

あらすじ2話中に出したけど親子

あらすじ3話何より大切だった物を

あらすじ4話私お父さんとずっと一緒

あらすじ5話身体を重ねるたび女の悦び

手塩あらすじ6話 妻に隠れて娘と交尾

手塩7話あらすじ 親子でAV鑑賞して

手塩8話あらすじ若いメスとの生セックス

手塩9話あらすじ私のほうが気持ちいい

手塩10話 幼い頃を想いながら味わう

手塩11話あらすじ お父さんと会うため

口コミ1話 娘がただのメスに

口コミ2話 中に出したけど

口コミ3話 何より大切だった物

tesionikaketamusume

teshionikaketamusume

tesionikaketamusume tesionikaketamusume tesionikaketamusume
トップへ戻る