手塩にかけた娘11話ネタバレお父さんと会うために

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第11話(最終話)私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』のネタバレしちゃうかも
第11話『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』は、いよいよ最終回。
中村陽葵ちゃんとお父さんの関係は、どうなってしまうのでしょうか。

tesionikaketamusume

ネタバレの前に、『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の無料試し読みを、まずは楽しんでください

第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』の後半で、裏切り者のお母さんと浮気相手の男がとった行動とは…

手塩にかけた娘が俺の子じゃないネタバレ

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』のストーリーをこっそりとネタバレしてしまいました
第11話『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』の中村陽葵ちゃんは、すごくしっかりした女の子になっています。
でも、やっぱりエッチは大好きです。

第11話お父さんと会うためにネタバレ その1

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の最終話のネタバレです。
第11話『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』の始まりは、とあるラブホテルの中です。
中村陽葵ちゃんは、お父さんにラブホテルに行きたいとせがみました。
家でのセックスもいいのですが、ラブホテルにも行ってみたい。
もしかしたら、10話でお母さんと浮気男に出会った時、
下品な浮気男が、これからホテルに行くと、ニヤニヤ薄笑いを浮かべて言ったことが影響しているのでしょうか。
それはともかく、中村陽葵ちゃんは、大好きなお父さんとラブホテルの一室で、甘いひと時を過ごすのです。
いつも以上に、上機嫌の中村陽葵ちゃんです。
その様子を見て、お父さんは、
何を喜んでいるのか…。
何にウキウキしているのか…。
遊園地にでも来ているような気分なのか…。
でも、なんとなく違うような気がします。
なんとなく不思議な気がしています。
いつもと雰囲気が変わったことで、気持ちが高ぶっているのかもしれません。
もちろん、父親と娘2人で、ラブホテルに行くなんてことは、お母さんに言えるはずありません。
お母さんには、中村陽葵ちゃんが上手く言っておくということだったので、お父さんは任せました。
中村陽葵ちゃんは、初めてのラブホテルに興奮気味です。
室内の証明や飾りつけなどにも満足しているようです。
『ラブホテルってすごいね。前から一度来てみたかったんだ。』
『こんなところで、みんなエッチしちゃうんだ。』
『部屋の雰囲気も、すごいエッチだね。』
嬉しそうに話します。
『女の子は、こういう雰囲気のところが好きだよな。』
お父さんは、中村陽葵ちゃんのオ〇ンコに、オチ〇ポを突っ込みながら、やさしく語りかけます。
『うん、大好きだよ。』
お父さんの肉棒で、膣の中を刺激され、感じながらも答える中村陽葵ちゃんです。
ズッ、ズッ、ズッ、ズッ
ズチャ、ズチャ、ズチャ、ズチャ
『あ~~っ、お父さん~~、気持ちいい。』
ズチュ、ズチュ、ズチュ、ズチュ
グチョ、グチョ、グチョ、グチョ
『ヒナタの穴も気持ちいいぞ~~』
お父さんも中村陽葵ちゃんも、感じまくっています。
お父さんと一緒に、快感を味わっているというだけで、中村陽葵ちゃんは満足なようです。
余程、お父さんのことが大好きなのですね。
『もっと来て、もっと深く来て。』
『もっと奥に来て、もっと深く入れていいよ。あ~~っ、お父さん大好き。』
『もっと、もっと…、お父さんが欲しい。』
『あ~~っ、入ってきた。すごく深いところまではいってきた。』
『お腹の中に入ってきてる、ア~~ッ、キ・モ・チ・イ・イ~~』
『でも、下だけじゃなくて、口にも欲しい。』
『あ~~っ、お父さん、キスして。』
お父さんの愛を感じながら、セックスの快感にどっぷり浸っています。
お父さんも気持ちよくなって、腰の振り方が激しくなってきます。
ズチャッ、ズチャッ、ズチャッ、ズチャッ、ズチャッ
グチョッ、グチョッ、グチョッ、グチュッ、グチュッ
『出すぞ~~っ』
グブリュルルルル~~
ビュルルル~~ッ
今までにないほどの大量の精液を、中村陽葵ちゃんのお腹の中に出しまくります。
幸せそうな表情で、
『ずっとこの時間が続いたらいいのに、きっと、お父さんに会うために、私生まれてきたんだね。』
と、満足げに囁いています。
『私、お父さんの奥さんになりたい。』
『でもな、血は繋がって無くても、俺たちは親子だぞ。それにお母さんだっているからな。』
戸惑うお父さんに、意味深な微笑みを浮かべて、
『大丈夫、作戦考えたから。』
余裕すら感じさせる中村陽葵ちゃん。
さてさて、どんな作戦を考えて、どの様に実行に移すのでしょうか。
そして、その作戦は成功するのでしょうか?

続きは本編で。

第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』のネタバレを読んで、『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』をのぞき見したいと思った方は、下記の画像をタップしてくださいね。

手塩にかけた娘ネタバレ その2

1話から振り返りつつ、第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』までのネタバレを書いていきます。

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の主人公は、中村俊樹とその娘の陽葵(ヒナタ)ちゃんです。
中村俊樹は、大手企業に勤務するシステムエンジニアです。
歳の頃は、40代半ばでしょうか…
この会社に勤めて、20年が経過しています。
取り立てて優秀なシステムエンジニアというワケではなさそうで…
20年勤務して、ようやくチームの主任に昇格したところです。
まじめにコツコツと努力するタイプのようです。
チョッとマジメすぎるというか、融通が利かないところがあるかもしれません。
それに対して、部下たちは多彩な人材がそろっています。
30歳で昇進したエリート
スルメトゥーン甲子園準優勝者
会社のテニス部のエース
などなど、仕事だけでなく、幅広い才能を持った部下たちです。
そんな部下たちの才能を、うらやましいとは思いますが、決して妬むことのない中村俊樹。
彼にとって、才能はあればありがたいけど、今のままでも十分なのです。
何故なら、彼には、愛する一人娘がいるからです。
世界一可愛い、一人娘です。

手塩にかけた娘 口コミ
手塩にかけた娘 口コミ1話

ネタバレ その3

中村俊樹の一人娘は、中村陽葵(ヒナタ)ちゃんです。
あどけない顔立ちですが、巨乳の女子校生です。
ヒナタちゃんは、近ごろの女子校生としては珍しく、お父さんが大好きですぐにくっつきます。
今日も、お父さんが、会社から帰ってくると、走って玄関まで迎えに出てきます。
晩ご飯の途中だったらしく、ホッペにご飯粒が付いています。
この辺りも、イマドキ珍しい女子校生です。
でも、巨乳です。
玄関までお父さんを迎えに出たヒナタちゃんは、いきなりお父さんに抱きつきます。
『ホッペについたご飯粒が、服に付いてしまうやん!』
と、思わず突っ込みたくなります。
幸い、ご飯粒は無事のようでした。
お父さんに抱きついた後、ヒナタちゃんは、お父さんの腕を取ってリビングに引っ張っていきます。
テーブルには、お父さんの晩ご飯も用意されています。
焼き魚のサバが、おいしそうです。
でも、今日のメインは、サバではありません。
メインは、お母さん得意のチーズ乗せ卵焼きです。
ふわふわトロトロの卵焼きで、すごくおいしそうです。
お母さんは、料理が上手なようです。
お父さんが大好きなヒナタちゃんは、お母さん手製の卵焼きを、お父さんに食べさせてあげます。
『はい、お父さん、アーーンして。卵焼き食べさせてあげる。』
嬉しそうに、アーーンするお父さん。
幸せそうな一家団らんの夕食です。

ネタバレ その4

かわいい一人娘に、卵焼きを食べさせてもらって、幸せそうなお父さんですが…
どことなく、表情に暗さがあります。
そうなのです。
お父さんの心には、拭っても拭っても拭いきれない疑念があったのです。
それは、一人娘のヒナタちゃんが、全く自分に似ていないことです。
どこへ行っても、誰に言われても、
『お父さんに全然似ていないですね。きっと、お母さん似なのですね。』
ということしか言われたことがないのです。
お母さんは、けっこう男性との付き合いも多く…
お父さんと付き合う時も、その直前まで彼氏がいたようです。
もしかして…。
いや、そんなはずはない。
でも、ヒナタは自分似ていない。
しかし…
妻とやることをやって、そしてヒナタができた…ハズ…。
病院で産まれたところも見たし、赤ちゃんの時からずっとかわいがってきた。
それでも、ここまで似ていないのはあり得ない…。
心の中での葛藤に、終止符を打つために、DNA鑑定に出しました。
その結果は、『親子関係の確率 0.000%』という、想像だにしていなかった悲惨なものでした。
いや、心の中では、以前から気づいていたのかもしれません。
それを必死で打ち消していたのです。
でも、最新の技術で、完全に親子の関係は否定されてしまいました。

ネタバレ その5

これまで、かわいがってきたのに…。
一生懸命育ててきたのに…。
何よりも大切に育ててきたのに…。
お金も時間も惜しみなくかけて育ててきたのに…。
自分の娘ではないなんて…。
知らない男の子供だったなんて…。
中村俊樹の頭の中は、もう真っ白になって何も考えることができません。
思考能力ゼロです。
放心状態で、理性のかけらも残っていません。
そんな時に、ヒナタちゃんがバドミントン部の部活を終えて、急いで帰ってきました。
家で待っている大好きなお父さんに、晩ご飯を作ってあげるためです。
お母さんは、友だちと2泊3日の旅行に行っています。
友だちとは誰なのか、10話で詳しく分かりますが…。
とにかく、この日の朝、友だちと旅行に行きました。
お父さんは、この日にDNA鑑定の結果が出るように、調整していたのだと思います。
そんなお父さんの前を、ヒナタちゃんが横切った時、若い女の子の汗のにおいがしました。
お父さんの目の前にいるのは、今日の朝まで自分の最も大切だった一人娘。
でも、今は、誰か分からない他人の娘。
そう思うと、女子校生の汗のにおいに、お父さんのオチ〇ポが反応します。
ムクムクと、大きくなっていくお父さんの股間。
理性を失って、本能むき出しになっているお父さんは、思わずヒナタちゃんに襲いかかります。

ネタバレ その6

ヒナタちゃんの両肩をつかんで、押し倒し、巨乳を揉みます。
いきなりのことで、ワケが分からずに、
『お父さん、何するの?ヤメテよ。』
『チョッと、いくらお父さんでも、胸はやめてよ。』
必死で訴えるヒナタちゃんですが、理性をなくしたお父さんは、一切お構いなしです。
ヒナタちゃんのオッパイを揉み、制服の前のボタンを外し…。
Iカップの大きなオッパイを、ボロンブルンと丸出しにします。
さらに、スカートをめくり、パンツの上からマン筋に沿って指を這わします。
グニョグニョ、グニョグニョ
グニュグニュ、グニュグニュ
そして、横向けに寝かせてパンツをズラします。
『お母さんもこれが感じると言っていた。』
と言いながら、お尻の穴とクリトリスを、同時に擦り上げます。
シュリ、シュリ、シュリ、シュリ
『どうだ、気持ちイイか?感じる場所は遺伝するのか…。』
勝手な推測をしながら、なおもしつこくお尻の穴とクリトリスを同時に責めまくります。
そして、とうとう自分もパンツを脱いで、ギンギンに硬くなった肉棒を取り出します。
その肉棒を、ヒナタちゃんのワレメに沿ってこすりつけます。
スリスリ、ジュルジュル
ジュビ、ジュビ、ジュビ、ジュビ
だれにも触らせたことがないヒナタちゃんのオ〇ンコに、オチ〇ポを挿入していきます。
ズブッ、ズブッ、ズブッ、ズブッ
『さすがに、穴がきついな。』
ズプッ、ズプッ、ズプッ、ズプッ
これまで、一番大切にしてきたものを、自分の手で汚していきます。
tesionikaketamusume
手塩 1話ただのメスになった日
手塩 2話中に出したけど
手塩 3話何より大切だった物
手塩 4話お父さんとずっと

tesionikaketamusume

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』を読んで、管理人の率直な感想を書きました。

第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』は、完全にヒナタちゃんとお父さんが、恋人関係になっているような気がします。
セックスでもそうです。
気持ちもそうです。
お父さんは、ヒナタちゃんを、可愛いと思いながらも娘としての感情だけではありません。
ヒナタちゃんは、お父さんと完全に恋愛対象として見ています。
お母さんから、お父さんを奪いたい。
お母さんは、ヒナタちゃんの実の母親です。
でも、ヒナタちゃんからすれば、大好きなお父さんを裏切った裏切り者です。
しかも、それは現在も続いていることが分かったのです。
何とかして、お母さんからお父さんを奪いたいヒナタちゃんは、作戦を考えます。
お父さんにねだって、ラブホテルに来たのは、その作戦を遂行するための手段でもあったのです。
ヒナタちゃんが、ラブホテルに来てワクワクしていたのは、そのためでもあるのです。
お父さんとヒナタちゃんが、幸せになれたらいいのにな♪

手塩にかけた娘が俺の子じゃない詳細

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』の詳細を紹介します。

tesionikaketamusume

人気急上昇の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』のオトナ漫画の詳細を紹介します。

配信開始日 2020/3/27予定
コミックタイトル 手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
11話のタイトル 私、お父さんと会うために産まれてきたんだね
主人公 中村陽葵・中村俊樹
タイプ ムチムチ、巨乳、女子校生
作者 小桜クマネコ先生・チンジャオ娘先生
ジャンル フルカラー、巨乳・爆乳、ムチムチ、娘・義娘、オトナ青年
部門 エロ漫画
掲載誌 愛玩☆実験室
出版社 KATTS

※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

手塩にかけた娘の口コミと感想

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の、管理人の全く個人的な感想と口コミを紹介します。

tesionikaketamusume

『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』の口コミと感想を、5人のキャラクターになって書いちゃいました

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

お父さんとラブホテルで、しっとりと愛し合っている姿は、女子校生ではなく成人した女性の雰囲気が漂っていますね。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

血が繋がっていない、実の親子でないと判明したことが、2人の距離を急速に縮めたのですね。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

エッチな雰囲気のラブホテル。陽葵ちゃんがワクワクするのも分かりますね

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

10話でヒナタちゃんに浮気のしっぽをつかまれたお母さん。いつまでも秘密の情事が上手くいくはずありませんよね。

tesionikaketamusume
tesionikaketamusume

お母さんも、家の近くで浮気しなくてもいいのに。バレるのは時間の問題だと思わないのででょうかね

小桜クマネコ先生とチンジャオ娘先生の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』が配信されたので、じっくり読んでネタバレや感想をどんどん更新していきますね。
巨乳女子校生のエロ漫画の『手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので』の第11話(最終話)『私、お父さんと会うために産まれてきたんだね』の最新情報やネタバレ、感想、口コミは、当サイトまで覗きに来てくださいネ♪
月額300円(税別)から定期購読できるよ?



トップへ戻る